臨床検査技師

医師が患者の治療方針を決めるために必要なデータをとるお仕事。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

臨床検査技師の仕事内容と資格について

臨床検査技師とは、医師の指導や監督のもとで、患者から採取した血液や尿、便などの検査や、心電図や脳波検査などを行う専門家です。

患者の血液などから、病気の原因やウイルス・細菌の有無がないかどうか調べます。心電図や脳波検査などは、 生理学的検査と呼ばれ、患者の身体表面や内部からのデータを採ります。

採ったデータは医師に提供され、医師の診断や治療方針を決めるのに役立ちます。データによって医師の診断が大きく分かれることもありますので、責任は重大です。

臨床検査技師の就職先としては、病院や診療所、保健所、研究所などがあります。その他、医療機器メーカーや公害関係の会社に就職することもあります。

国公立の病院や研究所などに就職した場合の給与は、公務員の俸給表を参考に支払われます。

ほかの医療関連の仕事と比べると規則的な勤務ですが、病院によっては、夜勤や休日出勤があります。臨床検査技師になるには、臨床検査技師国家試験に合格することです。

生物学や化学など理系分野に詳しい人が向いています。検査や分析を行うので、観察力が優れていることと几帳面であること、判断力が的確であることが必要です。

ほかの医療スタッフ、医師、看護師とのチームワークや協調性、患者への気配りなども大切にします。

臨床検査技師の中でも、がん細胞を発見するために専門的に検査を行う「細胞検査士」という仕事もあります。

資格名

臨床検査技師

分類

国家資格

受験資格

(1)大学に入学することができる者で、指定された学校や臨床検査技師養成所において、検査に必要な知識と技能を3年以上修得した者。
(2)医師または歯科医師、外国で医師免許または歯科医師免許を取得した者など。

試験内容

医用工学概論、臨床検査医学総論、臨床検査総論、公衆衛生学、病理組織細胞学、臨床生理学、臨床血液学、臨床微生物学、臨床化学、臨床免疫学

試験日

3月

試験料

11,300円

試験地

北海道、宮城、東京、大阪、愛知、広島、香川、福岡、沖縄

合格率

約75%

問合せ先

厚生労働省医政局医事課 試験免許室 03-5253-1111