歯科衛生士

歯科医師の補佐を行うお仕事。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

歯科衛生士の仕事内容と資格について

歯科衛生士とは、歯科医師の治療の補佐を行う仕事です。

歯科医師が治療を行っている時は、器具の受け渡しなどの補助を行いながら、患者が安心できるように声かけをしたり、状態に気を配ります。

治療後の片付けや器具の洗浄も行います。また、歯科医師の指示で、歯石の除去やフッ素化合物を歯に塗ったり、歯のみがき方の指導をします。

虫歯や歯周病を予防するための食生活のアドバイスも行います。

歯科衛生士に似ている仕事として歯科助手がありますが、歯科助手は患者の口の中に手を入れたりする業務や保健指導は出来ず、歯科医師への器具の手渡しや受付業務などをする仕事です。

歯科衛生士のほとんどが女性であり、歯科医師1人に対して歯科衛生士1~2人が理想だと言われています。

職場は歯科医院のほかには、病院、保健所、企業、老人介護保健施設などがあります。高齢化社会にともない、介護保険などでの高齢者への口腔衛生のための活動もあり、歯科衛生士の活躍できる場は広がっています。

歯科衛生士に向いている人は、思いやりがあって説明など分かりやすく行い、信頼できる人が向いています。歯科のみならず、医学全般に興味を持ち勉強していくことが大切です。歯石の除去など行うため、手先が器用であることも重要です。

歯科医師や他スタッフたちとの連携も欠かせません。歯科衛生士になるには、歯科衛生士国家試験に合格することです。歯科衛生士の求人は多く、就職率はほぼ100%となっています。

資格名

歯科衛生士

分類

国家資格

受験資格

(1)文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
(2)厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者など。

試験内容

解剖学および生理学、微生物学および薬理学、病理学、衛生学・公衆衛生学、口腔衛生学、歯科予防処置、歯科臨床大要、栄養指導、保健指導、歯科診療補助

試験日

3月上旬

試験料

14,300円

試験地

北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、香川、広島、福島、沖縄

合格率

約94%

問合せ先

(財)歯科医療研修振興財団 03-3262-3381