歯科技工士

義歯や歯列矯正装置などを作るお仕事。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

歯科技工士の仕事内容と資格について

歯科技工士とは、歯科医師の指示のもと、入れ歯や差し歯などの人工的な歯を作ったり、 修繕を行う専門家です。

歯科医師が取った歯型に石膏を流し入れて、合成樹脂や金属を 使用して、入れ歯や差し歯などの義歯を作ります。義歯のほかには、つめ物を作ったり、 歯並びを良くするための歯列矯正装置も作ります。

虫歯や歯槽膿漏、加齢などにともない、永久歯が抜けたりすると、食べ物を食べるときに不自由だったり、言葉をうまくしゃべれなかったり、顔つき・容貌が変わるなどのことが起こり、日常生活や心身の健康に良くない影響を与えます。

歯科技工士は歯科医師とともに、患者の歯を復元・修復することで、歯の健康に貢献しています。

歯科技工士の職場は、歯科医院、病院、診療所、歯科技工所、研究所、材料メーカーなどがあります。

収入は比較的安定していますが、都市部などでは歯科医院の過剰が見られることもあり、競争に生き残るために、新素材を使いこなす能力や技術が歯科技工士には必要となる場合があります。

歯科技工士になるためには、一般的に大学(歯学課程)や短大・専門学校などの養成機関を卒業したあと、歯科技工士国家試験に合格して、都道府県知事の免許を受ける事により、 なることができます。

歯科技工士は、複雑な作業を行い義歯を仕上げていくので、根気や忍耐力、手先が器用で正確であることが求められています。

資格名

歯科技工士

分類

国家資格

受験資格

(1)厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所を卒業、または卒業見込みの者
(2)文部科学大臣指定の歯科技工士学校を卒業、または卒業見込みの者
(3)外国 の歯科技工士学校を卒業した者または免許取得者で(1)(2)と同等以上と認められた者
(4)歯科医師国家試験予備試験または歯科医師国家試験の受験資格がある者

試験内容

<学説試験>歯の生理学、歯科理工学、有床義歯技工学、歯解剖学、歯冠修復技工学など <実技試験>歯科技工の実技

試験日

各都道府県が決める。要お問い合わせ

試験料

36,000円(各都道府県で異なる場合があり要お問い合わせ)

試験地

各都道府県が指定した場所。要お問い合わせ

合格率

約98%

問合せ先

各都道府県の技工士試験担当課