あん摩マッサージ指圧師

指圧でコリをほぐす治療を行うお仕事。具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

あん摩マッサージ指圧師の仕事内容と資格について

あん摩マッサージ指圧師とは、人体のツボにマッサージや指圧を行い、血行を良くすることでコリをほぐし、健康に導く療法を行います。

長い歴史のある東洋医学による療法で、薬物に頼らずに慢性疾患を癒すあん摩マッサージ指圧は、医学業界からも注目を浴びています。

あん摩マッサージ指圧師になるには、認可された養成学校を卒業して、あん摩マッサージ指圧師国家試験に合格することです。

視覚障害者については、中学校を卒業後に、指定養成学校で知識と技能を身につけることで、試験を受けることができます。

あん摩マッサージ指圧師の職場には、民間の施療院や病院、診療所、リハビリテーションセンター、老人ホームなどがあります。一般企業で働くあん摩マッサージ指圧師もおり、社員にマッサージを行うヘルスキーパーと 呼ばれています。スポーツトレーナーとして働く人もいるようです。

独立開業するにも、 資金があまりかからないところが魅力です。近年は、パソコンを長時間使うことでテクノストレスになっている人や、肩こり・腰痛のある人が増えているため、あん摩マッサージ指圧師の人気が高まっています。

女性のあん摩マッサージ指圧師も増えているので、活躍がますます期待されるでしょう。

資格名

あん摩マッサージ指圧師

分類

国家資格

受験資格

高校卒業後、指定の学校や養成施設で、あん摩マッサージ師の知識と技能を3年以上、修得した者など。

試験内容

(1)医学概論 (2)衛生学・公衆衛生学 (3)解剖学 (4)生理学 (5)病理学概論 (6)臨床医学総論 (7)臨床医学各論 (8)リハビリテーション医学 (9)経路経穴概論 (10)東洋医学概論 (11)あん摩マッサージ師圧理論 (12)東洋医学臨床論 (13)法規

試験日

2月

試験料

15,100円

試験地

全国各地

合格率

約85%

問合せ先

(財)東洋療法研修試験団体 03-3847-9887