MR(医薬情報担当者)

製薬会社のスタッフですが、医学の知識を持っていなければ難しいお仕事。具体的な仕事内容と持っていると有利な資格についてご紹介

MR(医薬情報担当者)の仕事内容と資格について

MR(医薬情報担当者)とは、Medical Representative(メディカル・リプレゼンタティブ)を略した言葉であり、製薬会社の営業スタッフのことです。

医療機関を訪問して、医師や看護師に情報提供を行ったり、情報収集を行います。情報収集は、販売を行った薬品の情報の症例成績や、まだ見つかっていない副作用などの情報を収集して、いち早く新しい情報を広めるようにするためです。

扱う商品は薬品という、生命に関わる重大なものなので、効果や副作用といった専門知識が必要になります。正しく公平に薬品の用法や効果を伝えられる能力はもちろんのこと、添付文書にはない医学的知識の習得に努めなければなりません。

そのほか、MR(医薬情報担当者)の仕事には、薬品に関するクレームの処理や報告、治験の進行の協力、研究機関での研究発表、シンポジウムの手伝いなどがあります。

MR(医薬情報担当者)になるには、製薬会社の研修を受ける事です。また、1997年よりMRの認定資格が実施されており、受験資格は研修の修了証を取得したもので、企業に属していることが条件になっています。

MRは営業的な面もありますので、販売ノルマというものがあります。ノルマが厳しい会社と厳しくない会社があり、MR(医薬情報担当者)になるには営業のことも心得ておく必要があります。

資格名

MR認定試験

分類

民間資格

受験資格

(1)研修修了者でセンターに導入教育実施報告書を申請済みの者。
(2)以前MR認定試験に不合格だった者
(3)MR認定試験合格者で有効期限が切れている者

試験内容

(1)疾病と治療 (2)薬理学 (3)薬剤学 (4)医薬概論 (5)PMS (6)添付文書

試験日

要お問い合わせ

試験料

<4科目以上>12,600円 <3科目以上>10,500円

試験地

東京、大阪

合格率

約70%

問合せ先

(財)医薬情報担当者教育センター試験事業部 03-3279-2500