助産師

おもに出産前後の妊婦さんや新生児のケアを行う助産師。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

助産師の仕事内容と資格について

助産師とは、妊産婦に対して分娩時の介助や保健指導、育児相談相手、新生児・乳児のケア、医学的な観察を行う専門職です。

妊産婦が安心して分娩できるよう、不安をやわらげる助産師はとても頼りになる存在です。その他の仕事には、母親学級での講師を勤めたりします。

正常分娩のときには、医師がいなくても助産師が介助を行えることになっています。男性の助産師はまだ認められておらず、現在は女性のみ助産師になることができます。

年配の助産師が多いのですが、最近では若い助産師も増えてきました。助産師の職場は、 ほとんどが産婦人科などの病院です。そのほか助産院、保健所、母子健康センターなどがあります。独立開業している助産師も少ないですがいるようです。

助産師になるには、 助産師国家試験に合格して資格を取得することです。受験資格は、看護師の資格取得者 もしくは、看護師国家試験の受験資格があり助産師養成機関を卒業した者などです。

助産師は、生命の誕生に直接立ち会えることができる、とてもやりがいのある仕事でしょう。

自然分娩を希望している妊産婦が増えており、地域のなかで直接アドバイスできる助産師への需要が高まっています。今後も活躍が期待されている職業です。

資格名

助産師

分類

国家資格

受験資格

(1)看護師資格取得者で、指定の学校で6ヶ月以上助産師に関する学科を修めた者。
(2)看護師の資格取得者で、指定の助産師養成所を卒業した者。
(3)外国の助産師学校を卒業した者。または外国の助産師免許資格取得者であり(1)(2)と同等以上であると認められた者。

試験内容

(1)基礎助産学 (2)助産診断・技術学 (3)地域母子保健学 (4)助産管理学

試験日

2月

試験料

5,400円

試験地

北海道、青森、宮城、東京、大阪、愛知、石川、広島、香川、福岡、沖縄

合格率

約98%

問合せ先

厚生労働省医政局医事課試験免許室 03-5253-1111

おすすめ情報

医学論文は、内容がいくら素晴らしいものであっても翻訳がきちんとできていなければ著者の意図は上手く伝わりません。専門的であれ世に出て目に触れるものだからこそ説得力や整合性の高さが求められます。そういった高水準の原稿に仕上げるには校正を依頼する場所が左右してきます。海外ジャーナル誌の投稿実績が豊富なジーニアスプラスでは、医学用語や専門知識を習熟した校正者がネイティブで単語や文法を校正し、日本人の医学博士によって矛盾点のない、より高品質な論文に仕上げていきます。

英文校正の依頼はこちらから http://genius.jp.net/