視能訓練士

視力の検査など、眼科に関する検査や回復訓練を行う職業。具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

視能訓練士の仕事内容と資格について

視能訓練士とは、医師の指示のもとに、視力の基礎検査を行ったり、斜視や弱視などの回復訓練を行う専門家です。

検査結果は医師が診断をくだし、今後の治療方針を決定する判断材料になるので、とても重要なものです。

検査は、医師と視能訓練士しか行うことができず、視力、眼圧、屈折、調節、色覚、視野、眼底検査などがあります。

斜視や弱視の矯正訓練では、おもに幼いころに視覚障害を受けた子どもを対象としています。現在では、糖尿病などによる眼疾患や高齢化社会、パソコンやゲームの普及による視力低下で、ニーズの幅が広がっています。

視能訓練士になるには、視能訓練士の学科がある大学や指定された養成施設を卒業し、年1回の視能訓練士国家試験に合格することにより、資格を得ることができます。試験は筆記のみであり、合格者のほとんどが女性です。

視能訓練士の職場には、大学病院や総合病院の眼科、国公立病院、診療所となっています。夜勤はなく、女性にとって働きやすい環境といえるでしょう。

矯正訓練を受けるのは、小・中学生が多く、子どもが好きな人や思いやりがある人、根気がある人が向いています。

眼科についても、医学の発展により、新しい知識や技術を、積極的に身につけることが大切になります。

資格名

視能訓練士

分類

国家資格

受験資格

(1)大学入学資格があり、指定された学校または視能訓練養成所で3年以上、技能・知識を習得した者。
(2)大学などで、心理学・保健体育・英語を選択し、教育・倫理・生物・精神衛生・社会福祉・保健のうち2科目を2年以上勉強したのち、指定施設等で視能訓練士として1年以上実務経験を積んだ者。他。

試験内容

(1)基礎医学大要 (2)基礎視能矯正学 (3)視能検査学 (4)視能障害学 (5)視能訓練学

試験日

3月

試験料

15,800円

試験地

東京、大阪

合格率

約97%

問合せ先

厚生労働省医政局医事課 試験免許室国家試験係 03-5253-1111