薬剤師

薬の調合したり、薬についてのアドバイスなどをするお仕事。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

薬剤師の仕事内容と資格について

薬剤師とは、医師の書いた処方せんや指示にもとづいて薬を調剤したり、薬の保管などを行う仕事です。薬局などに勤める薬剤師は、市販の薬のアドバイスも行います。

その他、薬剤師が活躍する場として、病院、診療所、保健所、化粧品会社、学校、製薬会社などがあります。製薬会社の薬剤師は、新薬を開発するために研究を行ったり、 医薬品の情報提供を行うMRという仕事をしたりします。

化粧品会社では、商品の製造や販売にかかわる管理者になることもあります。行政機関では、薬務行政に携わったりということもあり、薬剤師の職域は拡大しています。

最近では医療スタッフとともに現場に立ち合い、患者と接して服薬指導まで行う「臨床薬剤師」という仕事も注目を浴びています。薬

薬剤師になるには、大学の薬学部、 もしくは薬科大学で正規の課程を修めて、薬剤師国家試験に合格することで資格を取得できます。

薬剤師の仕事は細かい作業が多いので、集中力や手先の器用さ、 整理能力が必要です。また、薬の調剤は、人の命にかかわるので、薬のはば広い専門知識はもちろんのこと、強い責任感を持ってミスがないよう、冷静に判断をくだすことが大切です。

患者への細かい気配りができ、結婚後も職場に復帰しやすいという点などから、女性の有資格者も多く、人気がある仕事です。

資格名

薬剤師

分類

国家資格

受験資格

(1)学校教育法に基づく大学で、薬学の正規の課程を修めた卒業者
(2)外国の薬学校を卒業または外国の薬剤師免許を受けた者で、厚生労働大臣が(1)と同等以上と認めた者

試験内容

基礎薬学、衛生薬学、医療薬学、薬事関係法規および薬事関係の制度

試験日

3月中旬

試験料

6,800円

試験地

北海道、宮城、東京、大阪、石川、新潟、愛知、広島、徳島、福岡

合格率

約80%

問合せ先

厚生労働省医薬食品局総務課分室 03-5253-1111