保健師

健康についての相談やアドバイスを行い、地域住民の健康維持に一役買っている保健師。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

保健師の仕事内容と資格について

保健師とは、市町村の保健センターや学校・地域の保健所などで、地域の住民に対して 健康診断や健康相談を行ったり、定期的に家庭訪問を行い、健康でのアドバイスや看護の相談を受けるなどの仕事をします。

住民からの相談は多岐にわたり、介護保険関連や育児に関すること、妊婦の健康維持、心の健康相談などがあります。赤ちゃんからお年寄りまで幅広い人を対象としており、地域住民の健康・病気予防のために活動します。

人柄として、誰でも相談しやすい親しみやすさや、信頼感があることが求められています。福祉サービスを広く知っていることも重要であり、医療や教育関係のスタッフと協力しあって保健活動を行うのでチームワークも大切です。

地方公務員としての保健師は、特別職として採用される事が多く、一般公務員よりも給与はやや高めに設定されています。

その他の職場としては、保健所、保健センター、 病院、診療所などがあります。都道府県の保健所に勤める保健師は、エイズ対策や難病・精神保健対策など専門的分野の仕事を行い、市町村の保健センターに勤める保健師は、 地域住民に密着した保健活動を行います。

保健師になるには、保健師国家試験に合格する事が必要です。保健師国家試験を受験するには、看護師の資格を持っているか、看護師国家試験の受験資格を持っている必要があります。

介護保険の導入により、地域での在宅ケアを行う高齢者が増えたため、保健師の役割はますます増えてきています。

資格名

保健師

分類

国家資格

受験資格

(1)看護師の資格保持者
(2)大学、短大、看護学校などの看護師養成課程を卒業した者など

試験内容

(1)地域看護学 (2)疫学、保健統計 (3)保健福祉行政論

試験日

2月下旬

試験料

5,400円

試験地

北海道、東京、福岡など

合格率

約79%

問合せ先

厚生労働省医政局医事課 試験免許室 03-5253-1111