獣医師

動物専門の医者。診察や治療などを行う職業です。そのほかの具体的な仕事内容と必要な資格についてご紹介

獣医師の仕事内容と資格について

獣医師とは、犬や猫といったペット、家畜動物の牛や豚、ニワトリなどといった動物のお医者さんです。動物病院を開業している獣医師は、病院に来る動物の診療や、 予防注射を行います。

家畜分野の獣医師は、牧場や農業共済組合などに勤めて、家畜の病気予防や人工授精、出産での立ち合いなどを行います。

貿易によって、外国からの乳製品や食肉用の豚肉・牛肉の輸入が増えたので、日本での家畜専門の獣医師は減少しており、逆にペットブームによって、動物病院を開業する獣医師が増えてきています。

そのほか、獣医師の働く場所として、バイオテクノロジーを研究・実験している大学や 食品会社、製薬会社、保健所、食肉の安全を点検する食肉衛生検査所、空港での衛生検査、希少動物の保護活動などがあります。

獣医師になるには、獣医学課程のある大学で勉強したあと、国家試験に合格することで、農林水産大臣から資格を取得できます。合格率は80%前後と高いのですが、資格を取るのに最低6年間はかかります。

獣医師は動物が好きということが第一条件で、動物の行動や身体の仕組みなど色々なことに興味を持ち、研究心を常に持って、観察力や判断力をみがいていくことが大切です。

また、動物に合わせて診察を行い、治療していくので、体力と忍耐力が必要です。

資格名

獣医師

分類

国家資格

受験資格

(1)大学で、獣医学の課程を修めて卒業した者
(2)外国の獣医学校を卒業した者など

試験内容

獣医師に必要な公衆衛生の知識と技能、飼育動物の必要な獣医学

試験日

3月

試験料

13,900円

試験地

10~11月の官報において公示

合格率

82.6%

問合せ先

農林水産省消費・安全局畜水産安全管理課獣医事班 03-3502-8111